microbeの活動日記

プログラミングコンテストとかいろいろ

第28回高専プロコン参加記

今年,山口県周南市で行われた第28回全国高等専門学校プログラミングコンテストに競技部門の選手として参加してきました.

 

公式サイトはこちら

第28回大島大会(2017)

いきなりですが成績から

・1回戦(第4試合) 1位通過

・準決勝7位通過

・決勝16位(未完成)

 

1回戦はなんかピースの形がやばくてソルバーが動きそうになかったので配置情報を3つ使用して人力でした.反省してます.(帰ってからソルバー使って解こうとしたけどやっぱりむずかしかった)

準決勝は配置情報2形状情報1を使用してぎりぎり完成で7位

決勝は配置情報1形状情報1でいこうと思ったのですがまさかのソルバーがバグってしまいました.こんなこともあろうかともう1台PCを用意していたのですがUSBハブが不調で周辺機器がつながらず断念し,結局未完成に終わってしまいました.プログラムで負けるのならともかくバグや周辺機器の不調で通常通り競うことができずやりきれない気持ちで決勝を終えました.バグについては後述の反省で.

ソルバーに関しては,傾き・長さが合うものに優先順位をつけてマージさせていく貪欲アルゴリズムです.公開しようかと思いましたが決勝でバグるようなものなので恥ずかしく,公開しません.

 

反省

今回の反省は何よりメンバーと作業分担が出来なかったことです.僕以外のメンバーが4年生でインターンなどによりあまり部活にこれなかったというのもありますが,作業の分担は決めたものの,ほとんどの作業を僕1人でやっておりバグを直す時間が全く足りなくなってしまいました.結局のところは全て僕の責任なのでメンバーには申し訳ないばかりです.

 

これは少し愚痴のようになってしまい申し訳ないですが,僕の所属している部活は全体的に競技部門に対するやる気がほとんどないように感じられます.確かに去年のように完全に人力部門になってしまったようなこともありましたが,それを除いても部員全体の競技部門に対する意識が「課題・自由部門に落ちた時の逃げ道」というものになっているようです.別にそれでもいいのですが,競技部門に出るのであればちゃんとやらないと絶対に勝てません.やるからにはちゃんとやること.これはとても大事だと思います.

 

感想

競技部門に関しては反省することが多々ありますが,大会に参加することはとても楽しかったです.他高専の方と交流もできましたし,らてプロともお話できたので大満足です.個人的に競技部門が一番性に合っているので来年もぜひ競技部門に参加出来たらなと思います.